好調なPSP、『モンハン』のその後

好調なPSP、『モンハン』のその後
大きな皿にしか大きな料理は乗らない言うまでもなくゲーム機の普及率というのは大事だ。さて、決算説明会でも、2007年度は1,300万台を超えた出荷台数が明らかになったPSPだが、これでようやくユーザー、メーカーからの注目を得られた形になる。(GPSナビとしての使い勝手は先月記事にしたので是非参考にされたい)また、『パタポン』『勇者のくせになまいきだ』『ニッポンのあそこで』などと言う個性的で独創性のあるタイトルがソニー・コンピュータエンタテインメント自身から発売されていることも特筆すべきだろう。こうした傾向を好ましく思うのは、ひとえに「プレイステーションハードの成功体験」を呼び起こすからだ。

。グラフィック性能と容量が必要とされないゲームであればDSが広く普及していたし、それらが必要とされるゲームでは据え置き機との住み分けが難しい。一通りプレイしたが、どれ一つをとってもクセがあり、ユニークで、非常に面白い。

と同時にPSPのツールとしての魅力もさらにアピールされるべきだ。そんな中、携帯性と内容が合致した好例が『モンスターハンターポータブル』というわけである。そういった点で初期のPSPはユーザーもメーカーもPSPをどう扱っていいか持て余していたように思う。

コンテンツホルダーはビジネスになるゲーム機にコンテンツを供給するし、優れたコンテンツにユーザーは集まる。サードパーティーに支えられてきたプレイステーションファミリーに、再び注力するメーカーも増えるだろう。良くも悪くもサードパーティー次第と言えるプレイステーション陣営にとって、「コンテンツが売れる土壌」と言うのは必要最低条件なのである。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。